データベースエンジニアが取得するIT系の資格の体系

Posted by on 3:28 PM in データベースの仕事 | コメントは受け付けていません。

私はインフラ系を基礎にしたデータベースエンジニアの出身である。そんな私が今思うデーターベース関連のIT系の資格について考えをまとめてみる。まずやはり取得すべきは、情報処理技術者のデータベースエンジニアであろう。これは理論的な部分、関係モデル、概念モデル、の理解、正規化の細かい理解、バックアップ世代管理、リカバリ、リストアの考え方、トランザクション処理の関連事項、などデータベースに関連する、基本かつ非常に難しい応用部分まで、深い理解を求めるものである。これを勉強するとかなりデータベースのことがわかります。しかしそのうえで、実際のデータベース製品としてどのように存在し、どのように使うのかということも、理解しなければ、机上の空論になってしまい、身につきません。その身につけ、体験するための資格といして、ベンダー系のIT系の資格の勉強をすべきです。データベースエンジニアは実際に手を動かすことができて初めて信頼されるのです。

IT系の資格のデータベーススペシャリストについて

Posted by on 3:27 PM in データベースの仕事 | コメントは受け付けていません。

IT系の資格のうち国家資格のものの中にデータベースに関する最上位、テクニカルスペシャリストを認定する資格があります。それがデータベーススペシャリストというものです。非常に難易度が高いこの資格では、下記のようなことが問われます。まず概念モデル、論理モデル、物理モデルなどの理論的な枠組み、スキーマについて。それから、実際のプロジェクトでも悩む、正規化の話。正規化についてはやはり奥が深く、経験すればするほど深みが分かるでしょう。そして、バックアップ、リカバリなどの話について、とDBMSシステムについてなどです。あと、簡単なネットワーク知識、システム開発知識についても問われますが基本的には薄く、データベースに関する分野を深く深く掘り下げる試験です。それゆえ、論述式の回答を求められる問いもあり、本質の理解が必須です。数あるIT系の資格の中でもなかなか勉強することでの有用性が感じられるよい資格とえます。なかなかの難易度という点も希少性につながり、よいですよね。

データベース設計に必要なIT系の資格

Posted by on 3:26 PM in データベースの仕事 | コメントは受け付けていません。

IT系の資格においてデータベース部門の資格にデータベーススペシャリストがあります。データベースの開発、運用、保守の技術支援の能力を認定する資格です。情報処理関連の国家資格はこの資格がないと仕事ができないわけでは、ありません。危険物取扱や、医師、弁護士のように資格がないと仕事ができない資格とは異なるのです。昔はITの資格はほんの2種類でしたが、技術の進化とともに資格が増えました。国家資格のほかに民間のIT系の資格もあります。データベースソフトのオラクル社が自社のソフトを開発する技術者を認定する資格です。もちろんマイクロソフト社にも同様な資格があります。これらの資格が民間ですが、世界レベルで統一されたソフトですので、技術レベルの認定は非常に国際的です。というより、世界で通用する資格なので、とても強力な資格です。この資格は名刺にも印刷して個人のアピールポイントにもなりますし、資格者を有する会社はコマーシャルにもなります。

OracleMasterデータベース認定資格はIT系の資格でも有利なもの

Posted by on 3:26 PM in データベースの仕事 | コメントは受け付けていません。

IT系の資格の中でデータベース専門の資格があります。
専門といっても、他のソフトなども専門の資格となるのですが。
データベースにOracleというものがあります。
このOracleのデータベースの認定資格は、IT系の資格の中でも有利なもので、OracleMasterデータベース認定資格と言い、データベース管理者として必要なスキルを身につけていることを証明するものだと言います。
このOracleMasterデータベース認定資格では、データベースのセットアップ、メンテナンス、チューニングやトラブル対応などのスキルを確認するものです。
データベースは一度構築するとその後は何もしないわけではありません。データベースも場合によってはカスタマイズも必要となりますし、予期せぬトラブルも発生します。
またデータベースと言う性質上、トラブルが発生して中のデータがなくなるということはとてもダメージが大きいものです。大きな企業ともなればデータベースを参照する人の数も半端ではありません。

IT系の資格のなかでデータベース専門の資格

Posted by on 3:22 PM in データベースの仕事 | コメントは受け付けていません。

IT系の資格の中でデータベースに特化した資格があります。大きく二つあり、業界でもこのふたつの両方持っている人は重宝されます。まずひとつが、あるベンダーの資格です。これはレベルごとに、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと分かれており、プラチナとなるとかなりの難易度です。所持していると社内でも引っ張りだこのようです。一方もうひとつのIT系の資格がデータベーススペシャリストという資格です。これは国家資格であり、記述もあり、かなり難易度が高いです。データベースの論理設計、物理設計、バックアップ、運用などについて全般をしっかり理解していないと合格するのは難しいといわれます。2つの違いを示すならば、前者は製品に特化しており、製品を扱うことができることを証明できます。また後者は理論的にしっかり理解していることを示すことができ、顧客からの信頼を得ることができます。現実にはどちらも非常に重要で甲乙つけることはできません。それくらい立派な資格なのです。